長い歴史を持つ印鑑

誰もが手軽に利用することができる印鑑ですが、その歴史はおよそ5000年以上前にさかのぼります。印鑑の起源となるのがメソポアミア地方にあり、当時の印鑑というのは円筒状の石や宝石で作られており、その外周のところへ絵または文字を刻んでいく仕組みになっていました。有力者が多く所有していた印鑑はそれぞれ独自であり紐を通して首にかけていました。そして使う時に押印をしていたということです。

5000年以上前の古代メソポタミアで誕生した印鑑が、その後世界各国に広がっていきます。東は中国から日本へ伝わっていき西ではギリシアやエジプト、そしてローマなどに浸透していくことになります。ただ欧州では印鑑を押す制度や習慣は今でも残っていません。他の国では印鑑を一度押すことによって証明となるのですが、一部のホテルなどではサインをすることで証明となっています。国によって習慣が異なるため、海外へ移住した時などで印鑑が効果を発揮しないということもありますので注意してください。

では日本の最古となる印鑑はどこで生まれたのでしょうか。調べていくと北九州の遺跡で発見された「漢倭奴国王」と刻まれていた金印になります。そもそも印鑑というのは、最初に政府や各地域の支配者が証明をする印として利用されていました。その後平安や鎌倉時代になると、各個人の証明となる印として、様々な印鑑を押していく習慣が定着していきます。明治時代以降は公の印になるのは印鑑となり、法律によって管理される状態になっています。